流体騒音の様々な問題解決に役立つ流体騒音解析ソフトウェア
CAA++

空力騒音予測のコストは高いと決め付けていませんか? 空力騒音の予測は、もはや経験的な予測手法あるいはLESの計算コストにより制限されることはありません。 CAA++(Computational AeroAcoustics Software Suite)はエオルス音、噴流音、キャビティ音他、様々なタイプの流体騒音を数値解析、あるいは解析的に予測し、 結果表示までの一連のツールを総合的に提供します。

CAA++ example

特徴

CAA++は様々な流体騒音に応用可能です。

外部流:ジェット、航空機、自動車、列車、ローター、船舶後流他
内部流:エンジン、パイプ、ジャンクション、マフラー、バイオメディカル、冷却装置、PC筐体、ファン、HVAC他

他のソフトでは類を見ない多様な流体騒音の解析が可能

広域帯騒音、離散周波数騒音、共鳴音他、音源(単極子, 双極子, 4重極子)

解析方法を用途により使い分け

NLAS(粘性摂動方程式に基づく弊社推奨の非線形音響ソルバー)
Waveprop1/Wavepropf(音響学的類推による簡易的解析手法)
NLS(RANS/LESハイブリッド計算による直接解法)*
*NLSは独自開発による高精度・低計算コストの乱流モデルです。

CAA++ Hybrid RANS/LES
Hybrid RANS/LES
CAA++ NLAS
NLAS
高精度

合成乱流法によるモデル化により、サブグリッドスケールの微小音源も考慮することができます。

高計算効率

音響解析用格子を用いることで、精度を落すことなく大幅な計算時間とメモリの節減が可能です。

CAA++ grid
NLASによる壁面近傍の格子解像度のイメージ。NLASを用いることで壁面近傍の格子数を大幅に節減することが可能です。
様々な流体の流れに適用可能

非圧縮性及び圧縮性流体, 気体および液体。

音響信号データの先進的な処理ツールが利用可能

フーリエ高速変換(FFT)、窓関数、オクターブバンド解析、移動平均処理 など。

使い勝手の良いGUI

流体計算(CFD++)とシームレスな環境で使い勝手の良いGUIを提供します。

関連情報

Metacomp Technologies社が提供するCAA++の解析事例
MetacompTechnologies社によるCAA++のリリース情報
CAA++に関する文献一覧(MetacompTechnologies社)
CAA++の解析に必要な流体解析
を行うソフトウェア
流体解析用
メッシュ作成ソフトウェア
流体機械の経路形状
最適化ツール


動作環境

IBM PC互換機(Windows NT、2000、XP)

PC-UNIX(LINUX、Solaris)

EWS(Sun, SGI, IBM, HP, DEC, etc)

Network of workstationsおよびMultiple CPU computers
(IBM SP2, Intel Paragon, SGI Power Challenge, SGI/Cray Origin 2000, Cray T3D/T3E, etc)

詳しくはお問い合わせ下さい。